人の幸せを心から願えるか?

【人の幸せを願える人は、きっとご自分も幸せでしょう】


「えっ、何で?


人が幸せになって、なんで自分が幸せになるの?


バカじゃない!?」


って声は、このメルマガを読んでくださっている皆様からは聞こえて来ないでしょうが、世間では圧倒的にこの意見が多そうです。


解説させてください。


例えば、友人のA君が出世したとして、それを喜ぶことも妬むこともできます。


友人のB君が賞をとって、それを喜ぶことも妬むこともできます。


友人のCさんがイケメンのお金持ちと結婚して、それを喜ぶことも妬むこともできます。


3人の喜びを、共に喜べる人と、


3人の喜びを妬む人、


この差は大きいです。


社員の成幸、部下の成幸、先輩の成幸、仲間の成幸、家族の成幸、


周りの人の成幸を喜べたなら、自分の心はどんどん幸せな気分になっていきます。


自分のことだけじゃなく、人のことでも喜べるんですよ!


喜びは何倍にもなります♪


応援しているプロ野球チームやサッカーチームが優勝したら、自分のことのように嬉しいですよね♪


同じように、普段から関わり合いがあったり、応援していたり、励ましていたりしている相手に対しては、心の底から喜べると思うんです(*^_^*)


つまり、


どれだけ人の幸せを願えるか?って、


自分がどれだけ関わって、応援して、励ましてきたか?なんですね♪


それに気付いたら、今日から、今から、応援しちゃいましょう!


関わって!応援して!励まして!


マザー・テレサは言いました。


「愛の反対は無関心ですよ」と。


声、かけてみよう♪


話、聞いてあげよう♪


そっと、エールを送ろう♪


そんな相手が成幸したら、嬉しいに決まってる☆


そう、ちょうどインディーズから応援してたアーティストがメジャーデビューして有名になったときみたいにね♪
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手に気を使わせない

僕の師匠の一人、“ひすいこたろう”さんの著書に、福島先生の伝説が載っていましたのでご紹介させて頂きます♪


_______


僕の友人が、コンサルタントの福島正伸先生のオフィスへ打ち合わせに向かう際、1時間遅れそうとのことで福島先生に電話したのです。


「福島先生、大変申し訳ありません。


13時からの打ち合わせですが、1時間遅れそうなんです」


すると、福島先生はこう言ったそうです。


「え?私の手帳は打ち合わせは14時からになってますよ。


安心してゆっくり来てください」


なんだ、14時からかと思って、友人は安心して向かったそうですが、あとで予定表を確認したら、やっぱり、13時からとちゃんと明記してあった。


つまり、福島先生の相手を焦らせないようにした心遣いだったわけです。


遅れる相手にも心を配る。


相手を思いやることこそほんとの「心配」なんですね。


友人は、この福島伝説を会う人ごとに語り続け、ついには、こうしてあなたの耳にまで届くことになりました。


ね?ネガティブな事態でどう心を配るかで、伝説になるんです!


_______

「ものの見方検定」

ひすいこたろう 著

祥伝社より

_______


相手に気をつかわせない配慮って、ほんと高度だと思います。


むかし、むかし、僕が小学4年生の時のお話です。


僕の家ではお小遣いというものがほとんどありませんでした。


休みの日に友人たちと遊んでいると、駄菓子屋さんでカップラーメンを食べよう!って話になりました。


しかし、僕はそのときお金を持っていなくて、


「お腹空いてないからイイや」


といって、みんなが食べているのを横目で見ながら座っていました。


その時です!


友人の一人がこう言って僕にカップラーメンをくれました。


「間違えて、2個買っちゃったから、食べてくれる?」


その時のカップラーメンの味は忘れられません。


もう一つ、


静岡県沼津市にある居酒屋さん「ゆうが」というお店での出来事です。


このお店の店長がまた、素晴らしい!


いつも行くと、


「おでん、試しに作ってみたんだけど、あまっちゃったから食べて」


「この創作料理、味どうかな?後で教えて」


といった具合に、押しつけがましくなく、一品サービスしてくれたりするんです。


僕はこの、何かをもらえることが嬉しいんじゃないんです。


この心配りに感動しているんです(*^_^*)


ピザ屋さんだって、取りにいけば1枚サービスはやっています。


スタンプカードで、全部貯まったら○○サービスってのは仕組みで出来ます。


でも、


相手に気をつかわせない、押しつけないサービスは、気付いた時に爆発的な威力を発揮します♪


もちろん、している側は「損得」ではなく、相手に気をつかわせない為にしているのですけど、本当に高度なことだと思います。


凡人の僕は、こんな高度なことは出来ませんが、少しでも近づけたら良いなって思います♪
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心をきれいにする方法

最近伝記にはまってます♪


人の一生から学ぶことが沢山あるように思います。


以下は、ものがたり伝記シリーズQ「永海 佐一郎」よりご紹介させて頂きます。

_______


「自分は、大学の教授もした科学者です。


母は、隠岐に住む、名もない一人の未亡人です。


しかし、人間としての価値という点から考える限り、自分は母より優っているとは、決して思われません。」


《人間の価値=天職に熱心な度×心のきれいな度》


「これが、その方程式です。


うそつきで、怠けものの大臣よりは、親切で、仕事熱心な大工さんの方が、はるかに立派であり、


自分のことしか考えない、汚い心の社長さんより、思いやりのある給仕さんの方が、人間としての価値は、はるかに大きいのです。」


そもそも、価値のない人はいないのではないでしょうか。


たとえば主婦のみなさんは、お掃除や料理、洗濯をして一日が終わります。


子供がいる家庭は、さらに子育ても加わってきます。


お金は一円も稼いでいないかもしれませんが、


本当に本当に、尊いお仕事をなさっていると感じます。


人は、人が価値を生む仕事をするから価値がある訳ではありません。


本来、そこに存在しているだけで、価値があるのです。


もっといえば、亡くなった以後も価値があるかもしれません。


子供は、その存在そのものが価値がある。


お年寄りも、そこにいてくれるだけで価値がある。


何かをしてくれたから価値があって、何もしてくれないから価値がない、では寂しくないですか・・・


微笑みかけてくれたり、励ましの言葉をくれたり、背中で見せてくれたり、そういうお金に換算出来ない色んなものを、僕らは与えてもらっているのだと思います。


そこに気付いたら、自分もたくさん与える側の人間になりたいですね♪


“心をキレイにする実行方法”というものが載っていましたのでご紹介して終わります♪


一、人からされて嬉しかったことを、人にせよ。


二、人からされて嫌なことを、人にするな。


三、人から受けた恩は、つつしんで忘れるなかれ。


四、人にほどこした恩は、思うなかれ。
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れられないクリスマス

【忘れられないクリスマス】をご紹介させて頂きます(*^_^*)


_______


22歳で結婚した俺は、嫁さんに幸せになってもらおうと、必死に働いた。


子供も2人生まれて、俺はもっと頑張った。


その甲斐あって、28歳で独立し、自分の会社を持つことが出来た。


33歳になった頃、普通よりはいい暮らしが出来ていたと思う。


嫁さんも子供も喜んでくれた。


だから、俺はもっともっと一生懸命働いて、会社を大きくすることを考えた。


しかし、


そのツケは、俺の身体に降りかかった・・・


35歳の時に癌が見つかり、闘病生活が始まった。


と同時に、会社の経営も傾いていった。


37歳のとき、


もう俺は死のうと思った・・・


こんな身体で、


こんな貧乏で、


でも何も出来ない自分が悔しくて、


身のまわりを少し整理して、


年が明けたら死のうって・・・


そんなことを考えていた年の瀬に、


嫁さんと子供がクリスマスパーティーを開いてくれた。


貧乏だから、ケーキの変わりにドラ焼きで、その上にローソク立てて、


小さいチキンもあって、


シャンパンの変わりにコーラで、


メリークリスマスって言っていた。


子供たちが楽しそうにはしゃいでいる姿を見たら、


なんだか泣けてきた。


(俺がいなくても元気でやれよ)


そう心の中で思っていた。


もう何回もこうやって遊べないから、おもいっきり遊んであげた。


そして、


子供たちが寝静まったあと、


思いもしないことが起きた・・・


嫁さんにこう言われたんだ。


「あなたがどう思っているか知らないけど、


私は今が一番しあわせよ」


俺はその言葉を聞いて、


真っ暗に見えた世界に光が差し、


「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」


何度も言いながら、その場で泣き崩れた。


そのクリスマスの夜、


二度と死のうなんて思わないと決めた。


病気も経営も、闘ってからだと・・・


あれから5年、


癌はどこかへ消えてしまい、会社も順調。


今年のクリスマスは何をプレゼントしようかと悩めることも幸せなんだ。


よいクリスマスを♪
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、ディズニーランドを作ったか?

ディズニーランドをつくった理由のお話です♪


_______


ウォルト・ディズニーがなぜディズニーランドをつくったかというと、彼の生い立ちに関係しています。


ウォルトは元々裕福な家で育ったのですが、親が親戚の借金の連帯保証人になっていたことから、経営していた会社がつぶれてしまいます。


一気に貧乏暮らしとなった彼は、孤独な少年時代を過ごすことになるのです。


その当時、住んでいた家の屋根裏部屋に一匹のねずみがいたそうで、彼はそのねずみをペットにして心を癒していたと言います。


ミッキーマウスというのは、その時のねずみが元となって生まれたキャラクターです。


世界大戦後の不安定な世の中で、“何とか人を元気づけるものをつくりたい”。


その時ウォルトが思い出したのが、屋根裏部屋のねずみだったのです。


そのねずみが、アニメーションとなり、ディズニーランドというテーマパークの看板キャラクターとなり、現在まで続いています。

_______

日本人にしかできない「気づかい」の習慣

上田比呂志 著

クロスメディア・パブリッシングより

_______


今から15年ほど前のクリスマスを思い出します。


当時、店を出すためにお金をためるんだ!っていって、昼間の仕事をしながら、夜は22:00〜6:00までコンビニでアルバイトをしていました。


クリスマスイブや、クリスマスの日、カップルが楽しそうにしているのを見ながら、コンビニでレジ打ちしていました。


お正月の、日付が変わる瞬間も、コンビニのレジで一人(当時は一人体制)年を越したのを覚えています。


めちゃくちゃ眠かったし、疲れてたし、


そりぁ、泣きたくなりましたよ・・・。


いや、ちょっと泣いたかな(笑)


ただ、その時から思っていたことがあるんです。


それは、


この経験は、いつか必ずネタになる!いつか必ず役に立つ!いつか必ず伝える!って♪


だから乗り越えられたんだと思います。


ウォルトさんも、ねずみと遊びながら、そんな風に考えていたのではないでしょうか。


たとえ今、苦しくても、たとえ今、未来が見えなくても、たとえ今、すべてを失ったと感じていたとしても、


かならず良い日もやってくる!


雨の日があれば、晴れの日もあるように、


雨が続けば続くほど、晴れた日の幸せが増すように、


かならず良い日がやってくる!


人間、どこかで踏ん張らなきゃいけない時がきっとあるんだよ。


最後に、ウォルト・ディズニーの言葉をご紹介して終わります。


「夢を見ることができるなら、それは実現できるんだ。


いつだって忘れないでほしい。


何もかも全て一匹のねずみから 始まったということを」
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡は毎日起こる

奇跡とは辞書で調べると「通常では起きないような事が起こること」とあります。


以前にもメルマガでご紹介させていただきましたが、


日本で唯一のダーウィン・メダル(生物学における世界最高レベルの賞)を受賞している遺伝学者、木村資生さんは、


生き物が生まれる確率は、


1億円の宝くじが100万回連続で当たる確率といいます。


でも、こうして僕らは生きている。


これを読んでくださっているあなたも生きている。


1億円が100万回連続で当たる確率を見事に掴んで♪


生きていることも、ご飯が食べれることも、目が見えるのも、笑いあえるのも、


ケンカできるのも、一緒に涙をながすことも、こうしてメルマガを通じて出会えたことも、


本当は奇跡中の奇跡な出来事だったんです!


アインシュタインはこう言いました。


「人生には二通りの生き方しかない。


ひとつは、奇跡など何も起こらないと思って生きること。


もうひとつは、あらゆるものが奇跡だと思って生きること」


1994年公開のアメリカ映画「フォレスト・ガンプ」に出てくる言葉、


「奇跡は毎日起きる。

嘘じゃない、ホントだよ」


奇跡的な出来事に、これは奇跡なんだ!って思えるかどうかが大切ですね♪


本当はすごい奇跡に遭遇しているのに、気づかないで当たり前に過ごしてしまうことほどモッタイナイことはありません。


さあ、今日も奇跡の一日がはじまります!


どんな奇跡が待っているか、ワクワクしますね(*^_^*)
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限りある命の価値

松本零士氏のSFアニメである『銀河鉄道999』は、主人公の星野鉄郎が永遠の命を得るために、「機械の体をくれる星」を目指して旅をする物語である。


ところが、ついに「機械の体をくれる星」にたどりついた鉄郎は、永遠の命を手にした人々の堕落ぶりに驚愕する。

何しろ永遠の命を約束されているのである。


今日やらなければならないことなど何一つない。


生きる意味を見出せない人々は怠け呆け、酒におぼれ、永遠の命を捨てて自殺する人までいる始末だった。


その様子を見て、鉄郎は「限りある命の価値」を知るのである。



「限りある命の価値」


限りが有るということは、儚く悲しい事かもしれないけれど、


限りが有るからこそ、美しく輝くものでもありますね♪


有限には、無限の可能性が秘められている!


桜もアジサイも、ひまわりも紅葉も、日本人が愛してきた四季も、


移りゆくものを受け入れ、情緒的なとらえ方をしてきたからこそ、変化を楽しんでいられるのでしょう♪


この限りある人生、


どう使い、どう生きるかは、自分で選択できます。


自分は一体何に時間とお金を使うのか?で、人生が決まるといわれています。


本を読んだり、自分を磨くことに、時間やお金を使う人でありたいですね♪


命も時間も有限ということを知れば知るほど、学びたくなるのは僕だけでしょうか(^_^)b


最後に、道元禅師の問答をご紹介して終わります。


あるとき、弟子の一人が道元禅師に質問しました。


「仏教では、みな平等だと教えます。なのに何故、成功する人と成功しない人がいるのですか?」


道元禅師は答えます。


「成功する人は努力する。成功しない人は努力しない」


なるほど確かにそうだと思い、一度帰った弟子ですが、また一つ疑問が生まれます。


「人間にはどうして努力する人と、しない人がいるのですか?」


それに対し、


「努力する人には志があるし、努力しない人には志がない」


フムフム確かに、しかしまた問いが生まれます。


「どうして志のある人と、志のない人が出てくるのでしょうか?」


すると道元禅師はこう締めくくります。


「志のある人は、人間は必ず死ぬということを自覚している。


死を自覚して今を生きていこうとする。


志のない人は、死の自覚がない。


故に軽薄で、いい加減な生き方をしてしまう」



今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「行為の意味」

【行為の意味】という宮澤章二さんの詩をご紹介させていただきます♪

_______


あなたの「こころ」はどんな形ですか


と ひとに聞かれても答えようがない


自分にも他人にも「こころ」は見えない


けれど ほんとうに見えないのであろうか


確かに「こころ」はだれにも見えない


けれど「こころづかい」は見えるのだ


それは 人に対する積極的な行為だから


同じように胸の中の「思い」は見えない


けれど「思いやり」はだれにでも見える


それも人に対する積極的な行為なのだから


あたたかい心が あたたかい行為になり


やさしい思いが やさしい行為になるとき


「心」も「思い」も初めて美しく生きる


それは 人が人として生きることだ


_______


「こころ」はだれにも見えないけれど「こころづかい」は見える


「思い」は見えないけれど「思いやり」はだれにでも見える。


「行為の意味」


思いだけでは伝わらないということを、やさしく教えてくれております。


もちろん、言葉で伝えるだけがすべてではありません。


好きな人に好きって言えなくても、表情とかしぐさとか、コミュニケーションの中で伝わることもあります。


こころづかい、おもいやり、


それは決して大それた事じゃなくても、伝わります。


しかし、心だけ、思いだけでは伝わらない・・・


行為、行動に移さなかったら、その他大勢の「思っていない人」と何ら変わらない。


行為の意味、考えさせられます。


行動する人、実行する人でありたいですね♪
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルースリーの思考

潜在能力を発揮するのに「激励・励まし」は有効だといいます。


以下は、その成果を三つのレベルに分けたモノです。


_______


◎ 最も高いレベルは自己激励タイプで、他の人から推されたり励まされたりはしない。


しかも他人から冷や水を浴びせられたり、反対されてもその信念はゆるぎなく、前進し続ける。


◎ その次のレベルは外からの激励があって初めて動けるタイプだ。


だが外からの激励が減るとそのスピードは落ちるか或いは停まってしまう。


その成果はさほど高くはない。


いわゆる「朱に交われば赤くなる」というタイプの人で、最も多いタイプだ。


その人生はどんな友人を選ぶかにかかっている。


◎ 最後のレベルの人は、どんなに激励されてもまったく心が動かないタイプで、歩みもふらふらしている。


その成果は推して知るべし



結果を出している人は、誰かに褒められようが、けなされようが、自分がやるべき事をやり通す人。


普通の人は、褒められたらやる気になるし、けなされたらやる気が落ちる人。


いけてない人は、褒められても励まされても心が動かず何もしない人。


自分から、誰に言われるでもなく自発的に本を読んでみたり、勉強したり、練習したり、行動したり出来る人は、結果を出して行く人なのでしょう♪


ブルー・スリーはこんな言葉ものこしています。


「積極的な思考や姿勢は富を引き寄せる」


「一人の人間の今日は彼の過去の思考の結果だ」


「傍観では足りない。必ず行動せよ。足りないとわかっているなら、必ず活用せよ」


「成功意識のある人は失敗を考えるヒマはない」


非常に、思考と行動を大切にしていた事をうかがえます。


自分の思考(考えや思いを巡らせること)をコントロールするのは自分です。


どんな思考をするかで、結果が変わってくる。


まだまだ行ける!と思ったらまだまだ行けるし、もうダメだと思ったら、もうダメなんです。


そして不思議なことに、心理的限界と、本当の限界には、大きく差があると言います。


たとえば5キロ走って「もう無理〜、限界」って思った地点と、


本当に足がつったりして走れなくなる限界とでは、大きな差があると言い、もちろん本当の限界ははるか先にあるのだそうです。


自分自身で思考を良きモノにし、意識を高め、磨いていく人でありたいですね(*^_^*)

posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今が一番幸せ


京都・清水寺の貫主であられた大西良慶師は、107歳で天寿を全うしました。


大西良慶師が百歳を迎えられたお祝いの席のこと、


ある外国人からこんな質問をされます。


「和尚さん、あなたの百年の人生でいつが一番幸せでしたか」


と。


その時、傍におられた弟子の森清範師は、


「師匠はおそらく体力的にも自由がきいた六、七十代の頃でしょう」


と答えるに違いないと想像しました。


しかし大西良慶師は100歳でありながら、


即答してこう言いました。


「今がいいね、今が一番幸せだ」


視力も低下し、耳も遠くなり、


食物にもいろんな制限を受けている師匠の言葉


「今が一番幸せだ」


これを聞いたお弟子さんの森師は大変感動したそうです。


_______


時が経てば、体は老いていきます。


いろんな制限ができるかもしれません。


思うように動かすこともできなくなるでしょう。


しかし、


だから何なんでしょう。


今、今、今、の連続を生きている人にとって、


体が動くかどうかなんて関係ない。


制限があったって構わない。


今、この瞬間の自分の思考は自分にしかコントロールできない。


「幸せ」と思えば幸せだし、「不幸」だと思えば不幸にもなれる。


100歳の方が、「今が一番しあわせ」と言って頂いたこの心強さと有難さ♪


おもいきって前進していけますね♪



今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日という1日

「今日という一日」というお話です。



とても考えさせられます♪



_______



あるところに一人娘(7歳)を亡くした夫婦がいました。



子どもを亡くしてから一年経ったころ



「娘にもう一度会いたい」と嘆いていました。



ある日、水色の天使がその夫婦の前に突然に現れて言いました。



「今、あなたの持っているすべての財産と引き換えであれば、



亡くなったお嬢さんと一緒に過ごせる日を一日だけプレゼントできますが、どうしますか?」



その夫婦は迷うことなくOKしました。



そして水色の天使が続けて言いました。



「しかし、ルールがあります。



あなた方はその日が終わるまで、今この約束したことやお嬢さんと死別することの記憶は消してしまいます。



まるで過去に戻った一日を自然に過ごす感覚ですよ、それでもいいのですか?」



その夫婦はお互いに顔を見合わせてゆっくりとした口調で



「分かりました」と返事しました。



そしてパッと光が・・・あっ!まぶしい・・・



次の瞬間、いつも通りの朝になっていました。



そうです。



娘が生きていた時の何気ない一日の始まりでした。



朝から「早く起きなさーい!」妻の大きな声。



パジャマ姿で機嫌悪そうに起きてきた髪の毛のボサボサな娘。



眠たい目をこすりながら新聞を読む夫。



貴重な貴重な一日が始まりました。



そうなんです。



私たちが生きている今日は、



いつか未来に水色の天使に全財産と引き換えにいただいた今日かもしれません。


_______



韓国のベストセラー「カシコギ」に出てくる名言で、こんなものがあります。






「あなたが空しく生きた今日は、



昨日死んでいった者が、



あれほど生きたいと願った明日」



今日もあたりまえに起きて、



あたりまえに皆に会って、



あたりまえに挨拶して、



あたりまえに言葉を交わす・・・



こんな日常の「いつも」



この「いつも」が、なんて幸せなんだろうって気付きます。



身近な人が亡くなったり、大病を患ったりすると、余計にそのあたりまえの出来事が、



本当は全財産と引き換えにでも欲しかったものだったと気付きます。



昨日はあのベストセラー作家の“ひすいこたろう”さんとご一緒させていただいたのですが、



ひすいさんの本や講演を聞くと、改めて「たんたんと過ぎていく日常こそ幸せなんだ」ということに気付かされます♪



さあ、今日も一日が始まりました。



この一日、この幸せを噛み締めて行こうと思います♪




今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m

posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日までの自分を超えろ^_^

トライには失敗がつきものです。



その失敗を跳ね返すのは、



さらにトライする意欲です。 



トライ・アンド・トライ、試み、挑戦の反復なしに、成長も成功もないのです。



エラーは、もちろん再びトライするための原動力になるのです。



Aに挑戦して、成功の見込みがないことを確認できるまで試みることができたら、



そこには、成功への「芽」が宿った、と思ってください。



ちょっとトライして、すぐやめる、の繰り返しからは、



たいした失敗もしないかわりには、



成功の芽が芽吹くこともありません。



そんなに無理して、もっとゆっくりいったら、という人がいるでしょう。



でも、トライ・アンド・トライは、



無理を承知のことではないのです。



むしろ、着実に一歩一歩ステージを上げていく普通の方法なのです。



ゆっくり、しかし、遅くはない進み方なのです。



_______


「試してみることで人生は開ける」


鷲田 小弥太 著


PHP研究所より


_______



10年以上前に読んだオグ・マンディーノさんの著書「12番目の天使」を思い出しました。



「絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめるな!」



そしてもう一つ、



あの「HONDA」のCMで流れていたナレーションが響きますね♪



以下、ナレーションを書き起こしました。



___



頑張っていれば、いつか報われる。



持ち続ければ、夢は叶う。



そんなのは幻想だ。



たいてい、努力は報われない。



たいてい、正義は勝てやしない。



たいてい、夢は叶わない。



そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。



けれど、それがどうした?



スタートはそこからだ。



新しいことをやれば、必ずしくじる。



腹が立つ。



だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。



さぁ、昨日までの自分を超えろ。



昨日までのHondaを超えろ。


___



たたかう相手は、昨日の自分ですね♪



そう考えたら、ライバルは自分を成長させてくれる仲間だったことに気付きます(^_^)b



よっしゃ!



昨日までの自分を超えろ!の精神で今日も行っちゃいましょう♪




今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m



posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうしたらできるか?

以下は、日本を代表する建築家“安藤忠雄”さんの言葉です。


_______


私は高校も建築科ではないし、大学にも進めなかったので、すべて独学です。


京大や阪大にいって、そこの学生が4年間で勉強する教科書を全部買ってきて、


1年ですべて読むことにしました。


毎日、朝9時から翌朝4時まで机に向かっていましたから、


その1年間は、家から出ていないんです。


まあ、読んだというのと理解したというのは微妙に違うんですけどね(笑)。


若いころアルバイトで設計をやり、


そのバイト料でヨーロッパに行って、いろいろな建築物を見て歩きました。


1日15時間、50km近く歩いていましたね。


歩いている間はずっと、直前に見た建築のことを考えているんです。


_______


何かを始めようとするとき、出来ない理由ばかり並べる人がいます。


それだけの出来ない理由を並べられるというのは、ある意味危機管理能力が高い証しでもありますね♪


だとしたら、


今度は「どうしたら出来るか」に考えをシフトしたら面白くなるのではないでしょうか♪


おそらく、それもアイデアが沢山浮かぶ筈です。


出来ない理由を考えるのも、出来る方法を考えるのも、脳にとっては同じようなものだからです。


安藤忠雄さんは、高卒でありながら現在のような活躍をなさっています。


松下幸之助さんにいたっては、小学校4年で中退し、9歳で丁稚奉公に出されたのにもかかわらず、経営の神様とまでいわれる大経営者になりました。


立派な設備があっても繁盛しないところはしない。


高額な学習塾に行ったって学力が上がらない子は上がらない。


ジャニーズ事務所に入ったからと行って、全員が有名になるとは限らない。


足りないことを嘆くより、


今あるものに感謝をし、


今できることを精一杯していくことが大切なのでしょうね♪




今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利益より仁義

中国の儒学者で、


儒教では孔子に次いで重要な人物といわれている「孟子(もうし)」


その孟子の言行をまとめた書、


『孟子』の一番最初に書かれているのが「仁義」のお話です♪


「孟子」と王である「恵王」とのやりとりです。


_______


孟子が梁の恵王に謁見した。


恵王が言った。


「先生、遠路もいとわず、わざわざおいでくださったについては、


さだめしわが国の利益となる妙策をお持ちのことでしょうな」


孟子は答えた。


「どうしてそう利益、利益とおっしゃるのです。


大切なのは仁義です。


王侯は国の利益しか考えない。


大臣は領地の利益しか考えない。


役人や庶民も、わが身の利益しか考えない。


こうしてめいめい利益ばかりを追求しているから、国が滅びるのです。


万乗の国の王を殺すのはきまって千乗の大臣、


千乗の国の王を殺すのはきまって百乗の大臣です。


万乗の国で千乗の禄を食み、千乗の国で百乗の禄を食めば、それでもう不足はないはずです。


それに満足せず、国全部を奪おうとするのは、かれらが仁義をさしおいて利益第一に考えているからです。


仁の心がありながら親を捨てた例はなく、義の道を歩みながら主君をないがしろにした例はありません。


王よ、どうか仁義を口にしてください。


どうして利益などとおっしゃるのです」




利益を目的にすると、失敗しやすいと思います。


喜びや他者の幸せを目的にすると、成幸しやすいように思います。


これは、思いつきで言っている訳ではございません。


どういうことかと言いますと、


よく


「あきらめなければ夢は叶う」


「途中で投げ出さなければ、失敗は成長する糧にしかならない」


って言いますね♪


これは間違いないと思っています(^_^)b


諦めなければ、途中で投げ出さなければたどり着きます!


アメリカを徒歩で横断したおばあさんがいるように、


途中でいろんな事があったりしますが自分さえ引き返さなければたどり着きます。


で、そのいろんな事があったときに問われるんです!


利益を目的としてやってたら、利益がないときに辞めたくなります。


「全然儲からないや。もっと儲かることしよう!」って・・・


でも、誰かを幸せにするとか、喜んでもらうって目的の時は、たとえ利益がないときでもこう考えます。


「どうしたらもっと喜んでもらえるのだろう?どうしたらもっと幸せに貢献できるのだろう?」


問題や障害が起こったときの思考がまるで違いますね♪


利益より仁義、大切にしていきます (*^_^*)



今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1番気にしなければいけない事


徳川家康さんが天下を治めた江戸時代の初期、


主君である徳川家康さんに、


「天下泰平の時代の政治で一番気にしなければならないことは何か」


と問われた「藤堂高虎(とうどう たかとら)」さん(※足軽から伊勢津藩の大名にのぼりつめた武将)の返答をご紹介させていただきます♪


「上下の間に生ずる疑心暗鬼が平和な時代の何よりの敵と存じます。


疑いの念が次第に大きくなると、家全体が乱れます。


天下泰平の時の一番の大敵は、


まず上が下を疑うことかと存じます」


現代でいうと、上司が部下を疑う。


先輩が後輩を疑う。


旦那さんが奥様を疑う。


そうして疑いはじめると、疑いの気持ちというのはドンドン大きくなってしまい、


最後は会社や家族が崩壊しますよ!と言っています。


怪しいとか、疑うとかっていうのは、そう思ったらそうとしか思えなくなるものです。


逆に、信じるとか信頼するっていうのも、そう思ったらそうとしか思えない♪


そして不思議なことに、


【疑うと、疑われる】


【信じると、信じてもらえる】


特に、上の立場の人が疑ったら、下の立場の人は疑いたくなくても疑っちゃいます。色んな事を(笑)


上の立場の人が、部下や後輩のことを信じ切って、


「お前なら出来る!」


「君の将来が楽しみだ!」


「今は出来なくても、ゆっくりでいいから成長して行こうな!」


こんな風に信じ切っていたとして、


そう言ってくれる上司のことを信じられなくなって、疑ったりしますでしょうか?


人間関係の基本は、まず自分から!


あいさつも、笑顔も、信じる事も、ありがとうって伝える事も、愛することも、


自分からした方が絶対いいですよ♪


だって、「やっている」のと、「やらされている」ほどの違いになりますからね(^_^)b


さっ、今日も行動していきましょっ☆



今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記憶力の不思議

記憶力や、仕事のパフォーマンス、集中力などが高いのは、



食前?食後?空腹時?満腹時?



以下をどうぞ♪



_______



大事な事なので口を酸っぱくして言いますが、コンディショニングをするには、生活習慣の見直しが必要です。



ですから、すぐに結果がでるわけではありません。



けれども、すぐに実行でき結果が出ることがあります。



それは、「空腹状態で仕事をする」ということなのです。



そんなことを言うと、「栄養が足りなくなるのでは?」、「脳にエネルギーがいかないのでは?」、「空腹でイライラするよ」と心配になる方もいるかもしれません。



しかし、その考えを覆すような実験が、テレビの企画で行われていました。



「いったいどんな状態が、一番記憶力が良くなるのか?」をテーマに、10人の学生がランチタイムに同じ食事を食べ、



満腹の状態で単語を覚えてもらい、数分後に覚えているかどうかテストをしてもらうというものです。



そして、空腹でも満腹でもない3時間後にもう一度。



最後は、7時間後に腹ペコの状態で実験をしました。



このとき、学生は水以外は口にしていません。



いったいどのタイミングが、一番頭が働いていたのでしょうか?



なんと、お腹がいっぱいで満足しているときよりも、胃が消化している真っ最中の3時間後よりも、



7時間後の腹ペコ状態が、一番記憶力が良かったのです。



_______



「一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?」


上野啓樹 (著) 俣野成敏 (著)


クロスメディア・パブリッシングより

_______



1999年に発見された、長寿遺伝子、若返り遺伝子とも呼ばれている「サーチュイン遺伝子」。



どうやらこの「サーチュイン遺伝子」は、空腹時に活発化するようです♪



でもでも、お腹が空くと「ぐ〜」って鳴ったり、脳が美味しい食べものを欲しがっているきがしますよね・・・僕は、頭から離れませんよ(笑)



でも、空腹時の方がパフォーマンスは上がるし、健康にも良いということですので、空腹を我慢する必要があります。



そんな、お腹が空いてつらいときは、こう考えると良いそうです!



・この空腹が、脂肪を燃焼してくれている。(脂肪が燃焼するのは、空腹のときしかないから)



・この空腹が、老化を防ぎ、若さを保ってくれる。(満腹だと消化にエネルギーを浪費して老けるから)



・この空腹が、免疫力を上げて病気を防いでくれる。(胃に何かが残っている間は、消化を優先するから)



・この空腹が、病気や傷を治してくれる。(満腹だと治す力にエネルギーを使えない)



このように、空腹感を楽しんで行くのがコツのようです(^_^)b



よしっ!空腹を楽しんでみます♪




今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m



posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。