明るい空気作り


組織の能力を最大限に引き出すにはどうしたら良いか?


そのヒントになると思います♪


以下をどうぞ(^^)


_______


「組織の能力を最大限に引き出し、また子どもたちの能力も最大限に引き出すのに、最も大事なことは何だと思いますか?」


最も大事なこと・・・、


チームづくり、組織づくりで最も大事なこと。


チームの能力を最大限に引き出すのに最も大事なこと。


子どもたちの可能性を引き出すのに最も大事なこと。


何だと思いますか?


僕は、大久保寛司先生の答えに衝撃を受けました。と同時に、感動しました。


大久保先生はこうお話しされたのです。


「とにかく明るい空気をつくることが大切だ」と。


「元気」とか「やる気」とか「活気」とかいろいろな「気」があるけれど、とにかく「明るさ」が一番大切だと強調されていました。


そして、こうおっしゃいました。


「多くの会社組織を見てきたが、業績が伸びる組織とダメになる組織では、空気がまったく違う」


業績が伸びていく組織ほど、やっぱり社内の空気がとにかく明るくて元気がある。


けれども、業績が下がっていく組織ほど、元気がない、笑顔がない・・・と、


とにかく暗いのです。


「組織づくり・チームづくり=空気づくり=業績・結果」なのです。


結果、成果を出すチームに大切なことは、とにかく明るい空気、明るい環境をつくることなのです。




このお話は衝撃ですね♪


学校でも、職場でも、家庭でも、いえることでしょう。


明るく振る舞う人って、それだけで周りの人にいい影響をあたえています(^_^)b


些細なことで笑ってくれる人や、いつもニコニコしてる人、明るく元気づけてくれる人、


そんなところに人は集まっていくのではないでしょうか♪


明るくって、意識すればできることだと思います。


声のトーンも、笑顔も、明るく振る舞おうと思えば振る舞えます。


そうすることによって、学校だったらいじめが無くなり、企業だったら業績が伸び、家庭だったら仲良くなる。


「明るい空気づくり」って、本当に大切だと思いました。


家に帰って、暗い奥さんが悲壮感を漂わせて待っているより、明るい奥さんが楽しそうに待ってくれていた方が、早く家に帰りたくなりますよね♪


旦那様が、暗い顔して辛そうに帰ってくるより、明るい顔して楽しそうに帰ってきた方がイイですよね♪


明るい職場の方が、毎日仕事に行くのも楽しみ♪


明るいクラスの方が、学校も楽しい♪


誰かが明るくしてくれるのを待つのではなく、自分から明るい空気を発していく人でありたいですね(*^_^*)
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。