schoolの語源

英語の「school」という単語は、ギリシャ語で「楽しみ」を意味する言葉から生まれた。


それなのに現代の学校は、学びから楽しみを奪ってしまった。


教育と創造性に関する研究で名高いケン・ロビンソンは、学校が創造性を殺す、と主張している。


「私たちは教育のファストフード化を容認してきました。その結果、まるでファストフードが体をむしばむように、教育が精神を弱らせることになってしまいました。


・・・あらゆる偉業は、想像力から生まれます。ところが現代の教育システムは、まさにその想像力を奪いつづけているのです」


遊びはくだらない、という考え方は、大人になるとさらに強く刷り込まれる。あまりにも多くの会社が、遊びを殺してしまっている。


「わが社は遊びと創造性を重視しています」


とアピールする会社もあるが、たいていは口だけだ。本当に遊び心に満ちた職場を実現できている会社は、めったにない。


(中略)


精神科医でナショナル・インスティテュート・フォー・プレイの創設者であるスチュアート・ブラウンは、6000人を対象に遊びと成長の調査をおこない、遊びが人間のさまざまな面に良い影響を及ぼすという結論を得た。


遊ぶと体が健康になり、人間関係が改善され、頭が良くなり、イノベーションが起こしやすくなる。


「遊びは脳の柔軟性と順応性を高め、創造的にしてくれます」と彼は言う。


「遊びほど脳を奮い立たせる行動はほかにありません」


_______

「エッセンシャル思考」

グレッグ・マキューン 著

高橋璃子 訳

かんき出版より

_______


そもそも、遊びと仕事の違いって何でしょうか?


遊びは楽しい?仕事はつまらない?


それは、とらえかたを変えたら、楽しくもできますね♪


「何で仕事がつまらないんだろう?」


という問いかけを、


「どうしたら楽しく仕事ができるんだろう?」


に変えるだけで、仕事を楽しむための方法が見えてきます。


たとえば、ゲームのように競い合ってもいいし、難しい課題をクリアするのも、ゲームだって一緒です。


遊びや趣味が、簡単なモノだったら、誰も熱中しないと言います。


ゲームも、難しい面やポイントがあるから、達成感があったり充実感がある♪


だとしたら、子供のころ時間を忘れて熱中した遊びのように、仕事をおもいっきり遊んでみたら良いかもしれませんね(*^_^*)


今年の箱根駅伝も、前年度優勝した東洋大学が「その1秒をけずりだせ」というストイックな取り組みに対し、


今回優勝した青山学院大学は、「ワクワク大作戦」というキーワードで取り組んだそうです。


8区で区間賞を獲得した高橋宗司選手は、「遊行寺の上り坂も楽しくてしかたなかった」というコメントをのこしている程です♪


青山学院大学が優勝したのは、偶然ではありませんね♪


今日も一日楽しんで行っちゃいましょう〜(^_^)v
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。