千利休の名前

千利休(せんのりきゅう)といえば、言わずと知れた「茶人」で、わび茶の完成者として知られ、茶聖とも称されております。


千利休さんは、本名が「田中与四郎」で、


法名を「宗易」(そうえき)といいました。


利休という名前は晩年になって付けられたそうです。


ただ、この「利休」という名前の意味を知ったとき、鳥肌が立ったのを覚えています。


「利休」の名前の由来は2つの説があるのですが、


一つは、「名利共に休す」(みょうりともにきゅうす)という禅語から取った説。


この禅語は、「名誉も利益も求めません」という意味です。


お金や名誉のためではなく、純粋に「茶の心」を追い求めるという決意が表れているように思います。


もう一つは、


「利心、休せよ」から取った説。


意味は、「才能におぼれずに老古錐(使い古して先の丸くなった錐キリ)の境地を目指せ」です。


いずれにしても、茶の道を突き詰めて、おごらず真摯に取り組む姿が浮かびます。


以下、「利休七訓」という利休さんが大切にした「おもてなしの心」をご紹介させていただき終わります。


一、茶は服のよきように点て(茶は、客人が美味しいと思い、しかも飲みやすいように点てる)


二、炭は湯の沸くように置き(釜で湯を沸かすとき、炭は茶を点てる直前の、ころよいときに沸き上がるよう配慮して置く)


三、冬は暖かに夏は涼しく(茶室の中は、夏は涼しげに、冬は暖かくしつらえる)


四、花は野の花のように生け(床の間には、花が野に咲いているように、自然の姿に生ける)


五、刻限は早めに(準備は、早め早めに行なって整えるよう気を配る)


六、降らずとも雨の用意(たとえ好天下であっても、雨がいつ降ってきてもよいよう備えを怠らない)


七、相客に心せよ(いかなる時も、客の心を第一義に考え、大切にもてなせるよう、怠らない心掛けが大切。「一期一会」の心得)


今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
posted by 43歳オヤジ | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魂が震える話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。